読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あなたのエナジーデザイナー

地域のエネルギーを活用し、町を森を地球を守ります。

玄海町産のスイーツで環境貢献

f:id:office-sonoda:20160204125036j:image

────────────────────
玄海町は九州北西部佐賀県東松浦半島の中央に位置し、西は玄界灘、北・東・南を唐津市に接し、遠くは壱岐対馬を見渡すことができ、雄大な玄界灘に面したリアス式の美しい海岸は玄海国定公園に指定されています。
 
玄海町玄界灘に面した、対馬暖流の影響を受ける全国でも有数の漁場です。沖合域は天然礁が多く、マダイ・ブリ・イカなどの好漁場で、沿岸域ではマダイ・フグ・アワビなどの養殖が行われています。
 また、標高100~200メートルの低い山が波状的に起伏する、玄武岩特有の「上場台地(うわばだいち)」では、豊かな大地からたくさんの恵みが収穫されます。
 
気候は、対馬海流を北上する対馬暖流の影響を受けて比較的温暖で、寒暖の差が少ない海洋性気候の特徴があります。
────────────────────
町役場ウェブサイトより
 
 ・ 。・*・゚。
 
玄海町は、佐賀県の北部、玄界灘に面した小さな町です。
そう「九州電力玄海原子力発電所」が立地する自治体です。
 
しかしながら、上場台地を抱える同町は、佐賀県でも有数の農産物生産地でもあります。
 
ハウスみかんは全国トップ、大人気の佐賀県産いちご「さがほのか」の収穫も県内有数。
ブランド牛「佐賀牛」も有名ですし、もちろん、玄界灘の海産物もピカイチ。
 
ただ、ご多分に漏れず、人口減少に見舞われ、一次生産者の方々の高齢化も進んでいます。
担い手が減ってしまうと、町の産業が衰退するだけで無く、耕作放棄地が増え、里地里山が荒れていってしまいます。
 
「何とかしたい」と立ち上がったのが、お隣、唐津市にある「海浜館
 

f:id:office-sonoda:20160204143615j:plain

 
日本三大松原の一つ「虹の松原」のど真ん中に位置する、欧風料理レストラン。
和洋を組み合わせたレシピが地元のみならず、福岡都市圏でも大人気の有名店です。
「虹の松原」の保全・復元にも取り組むなど、環境保全活動を続けている海浜館が、玄海町の町と自然を守るために開発したのが、玄海町産の農産物を使ったスイーツです。 以下の5商品、6セットをご用意しました。
 

f:id:office-sonoda:20160204125033j:imagef:id:office-sonoda:20160204125039j:image

 

f:id:office-sonoda:20160204125019j:imagef:id:office-sonoda:20160204125024j:image

 

f:id:office-sonoda:20160204125028j:imagef:id:office-sonoda:20160204125043j:image

 

原料の農産物には、これまで廃棄処分していたようなものも有効活用しています。
例えば、小ぶりで酸味が強いハウスみかんは、サイズが規格外のため卸せない場合が多かったのですが、スイーツにすれば大きさは関係ありませんし、少し酸味がある方が甘さが引き立つので、逆に好都合だったりします。
 
今まで捨てていたようなものなので、生産者にとっては純粋に収入アップで大助かり。
「スイーツ」という加工品にするので、生食の場合よりも旬の時期が長くなるというのも利点。
 
こちらの商品は、地元だけで無く福岡からも広くお客様が訪れる人気の産直市場「唐津うまかもん市場」と「海浜館」で販売していますが、5商品で打ち止めではありません。旬の農産物を使ったスイーツとしてシリーズ化していきますので、行く度に「Something New」に出会えますよ。
 
ところで、県有林を適切に育成することによって、何もしないときよりも多くのCO2を吸収してくれるようになるのですが、その分を「環境価値」として認証する仕組みを「J-VER制度」と言います。これから生まれた「認証量」は「J-VERクレジット」という「商品」になり売買できるようになります。この「J-VERクレジット」が、このシリーズに漏れなく付いています。
 
簡単に説明しますと、お支払い頂いたお金の一部が佐賀県の森林支援に回ると言うことです。
「使途が明確な寄付金」「ふるさと納税」のようなものですね。
 
つまり、お買い上げ頂くことで、玄海町の地域産業の活性化に加え、玄海町及び佐賀県全体の環境保全に協力することができるのです。もちろん、皆さんも「美味しい思い」をすることができますよね。
 
これが、「環境貢献型商品
私が目指す「普段のお買い物を通じて環境貢献」ができるスキームなのです。
これからも、皆さんの暮らす町と自然を応援していきますよ。
 
「うちもお願い」という皆さま、こちら(左のカラムのお問い合わせはこちら)からリクエストお寄せ下さい。
あなたのエナジーデザイナー」が、いつでもはせ参じます。