読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あなたのエナジーデザイナー

地域のエネルギーを活用し、町を森を地球を守ります。

2014年度のGHG排出量

総排出量は13億6400万トン、09年より続いていた増加傾向が止まり、
減少に転じたとのこと。
 
データを公表しているNIESが、ガス別、部門別にレビューしていま
すが、前年度からの減少は、震災以降続いていた電力の排出原単位
が若干回復したことと、電力使用量及び生産量・輸送量の減少によ
るものとしています。
 
気候や景気動向に大きく左右されるところではありますが、その要
因が無視できる程度の高効率化、とりわけ、電力排出原単位の低減
が重要である点は全く変わりませんね。