読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あなたのエナジーデザイナー

地域のエネルギーを活用し、町を森を地球を守ります。

炭素市場プラットフォーム第1回戦略対話が開催されたそうですが

昨年のG7エルマウ・サミット首脳宣言に基づき設立された、「炭素
市場プラットフォーム」。その第1回対話が日本で行われたそうです。
 
昨年のCOP21、今年のG7でカーボンプライシングを活用していくこ
とが示されたことから、具体的な取組として評価していいと思いま
す….が、何故環境省経産省が別々に同様のプレスリリースをする
のでしょうか。ご丁寧に、連絡先もそれぞれ別になってます。
 
それぞれ、自分の実績にしたいのでしょうか。
(共同議長を務めたのは梶原成元地球環境審議官だから、どちらか
といえば、環境省のリリースのみでよいかと)
 
市場メカニズム室を窓口としておけば?
というのは、個人的な見解です。
 
環境省プレスリリース
 
環境省_炭素市場プラットフォーム第1回戦略対話を開催しました
2015年のG7エルマウ・サミット首脳宣言に基づき、炭素市場に関する戦略的な対話の場として設立された「炭素市場プラットフォーム」について、ドイツと2016年のG7議長国である日本が共同議長となり、最 ...

 
 
経産省プレスリリース
 
炭素市場プラットフォーム第1回戦略対話を開催しました(METI/経済産業省)
炭素市場に関する戦略的な対話の場として、6月16日、17日に「炭素市場プラットフォーム第1回戦略対話」を東京で開催しました。 ...