読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あなたのエナジーデザイナー

地域のエネルギーを活用し、町を森を地球を守ります。

電力事業用発電設備の変化

小型分散型電源からなる大規模電源ですね。
 
容量の小さい発電設備でも大規模発電と同等の効率を達成するよう
になれば、逆に大規模発電よりも有利になることは明白。
 
起動停止が迅速に行えるので、出力制御が容易ですし、新設や更新
もしやすい。太陽光発電設備のPCSでは、リスクマネジメントのた
めに、小容量のものを複数導入することが多いのですが、それと同
じ考え方ですね。
 
発生する熱も効率的利用ができれば、総合エネルギー効率が向上し
ますから、特に都市部には好適ですね。
 
金融部門を売却したGEは、ガスタービンにフォーカスしていくと聞
いていたように思いますが、改めてその先見性に感心しました。
 
電力事業用発電設備の変化 | NPO法人 国際環境経済研究所|International Environment and Economy Institute
伝統的な発電事業で使われてきた発電設備の歴史を見ると、発電コストを下げるために発電設備の単機容量を増大させてきたことが分かる。規模の利益を生み出すことができるからだ。この場合、建設する発電設備の仕様が ...