読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あなたのエナジーデザイナー

地域のエネルギーを活用し、町を森を地球を守ります。

トヨタが、エネルギーマネジメント規格ISO50001(EnMS)取得

50001の審査員補として、非常に嬉しいニュースです。
というのも、国内では全くと言っていいほど浸透しておらず、取得
企業も28社(2015年3月27日現在)しかないからです。
 
原油換算1,500kl以上の事業所は省エネ法で年1%以上の原単位向上
が求められますが、それ以下の事業所や個人は対象外。(もちろん
省エネ法は国内全ての工場、事業場、個人も対象ですが、法的拘束
力はありません。)
 
そこをカバーするものとして経産省が位置づけているのが、本規格。
導入しやすいように、規格策定に当たっては積極的に関与し、省エ
ネ法の建て付けと同じようなものにしたりと、国も地道な努力をし
てはいたものの、ここまで鳴かず飛ばずでした。
 
個人的には、14001よりも50001の方が具体的で実情の即している
ため、導入効果は非常に高いと思っています。
 
コスト削減にライバルはいません。
是非、今一度自社のエネルギー利用について見直されてみて下さい。
 
トヨタ自動車、国内自動車製造業で初めて エネルギーマネジメント規格「ISO50001」を取得 | トヨタグローバルニュースルーム
 トヨタ自動車株式会社(以下、トヨタ)は、継続的なエネルギー消費低減へ向けた取り組みの一環として、エネルギーマネジメントの国際規格「ISO50001」を日本国内の自動車製造業として初めて取得した。 ...